Mac のキーボードに貼るカレンダー

2016-01-22   #hack  #stationery 

B011TFDJQG

でかいカレンダーがどうしても嫌で、使うカレンダーが年々小さくなっているのだが、今年のカレンダーでついにその限界に達したと思う。

個人的な結論としては、カレンダーは貼ってはがせるタイプのカレンダーシールが一番いい。これに慣れると壁掛けカレンダーとか卓上カレンダーは見るだけで鬱陶しくなる。

シールカレンダーの中でもこのサイズのやつが一番のおすすめ。

貼ってはがせるカレンダーシール【木目】<2015年10月から2017年5月対応> HHS04木目
B011TFDJQG

なぜこのサイズがおすすめかというと、Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A のスペースキーにぴったり貼れるサイズだからだ。(新型の Apple MLA22J/A Magic Keyboard でもキーのサイズは変わらないだろうからいけると思う、試してないけど。)

すべての写真-551

キーボードに貼るくらいなら PC で壁紙とかカレンダーアプリを使えばいいと思うかもしれないが、そんなことしてもウィンドウで隠れたりしてめんどくさいだけだ。キーボード貼っておけば、手元を見るだけですぐにカレンダーを確認できる。

ポイントは指が当たらない位置に貼ること。指が当たる位置に貼ると、表面がコーティングされてないので文字が擦れて消える。

これ、今年のカレンダーが 2組入ってるので、1枚買えば自宅用と会社用に使えてお得だ。

欠点は日曜始まりな点かな、月曜始まりのはないらしい。なんでみんな日曜始まりなんて不便極まりないものを使いたがるのか不思議でならない。

余談だけど、毎年年末になると各企業が狂ったように壊滅的にダサいカレンダーをばら撒きだすのまじでなんなんだろうな。みんなと同じことしても埋もれるだけだし、なによりダサいからイメージが悪くなるだけな気がするけど。「うわぁ・・・この企業のセンス最低だなぁ・・・」みたいなイメージを、丸一年かけて刷り込もうとしてるようなもんだわあれ。どうしてもカレンダー配りたいなら、このカレンダーシール配ってくれる方がありがたいわ。