Magic Keyboard と Magic Mouse 2 を Windows 10 で使用する

2017-02-26   #gadget  #hack 

Magic Keyboard は先代の Apple Wireless Keyboard の時代から使用しているが、先日マウスが壊れて頭にきたのでマウスも Magic Mouse 2 に替えた。

Windows で Bluetooth マウスを使うと反応が悪いことが多くて避けていたが、Magic Mouse 2 はまったくそんなことはなかった。反応が悪かったのはおそらく以前使っていた Bluetooth マウス固有の問題だろう。ちなみに壊れたマウスも、反応が悪い Bluetooth マウスも、共に「なんとかクール」のやつだ。

使用している環境は、Boot Camp じゃなくて、普通の PC に入ってる Windows 10 だ。結論から言うと、Boot Camp じゃない Windows で Magic Keyboard や Magic Mouse 2 を快適に使用するには、有料のドライバソフトウェアをインストールする必要がある。現状、フリーソフトだけでやりきるのは厳しそうだ。できたとしても、おそらく金で解決したほうが遥かに早いし確実だろう。それが嫌なら他を当たってほしい。

Magic Keyboard

アップル(Apple) MLA22J/A Magic Keyboard (日本語配列)

Magic Keyboard には AppleK Pro for 10 をインストールする。たかだか 3千円弱だ、素直に払おう。銀行振込かクレジットカードで支払える。おれはクレジットカードで支払った。

AppleK Pro for 10 64bit

すばらしくよくできていて、半年近く使っているが不満や不具合はいまのところまったくない。Eject キーを Delete キーに割り当てられたり、Mac 風のショートカットでスクリーンショットを撮れたりと、至れり尽くせりだ。金を払う価値は十分にある。

Magic Mouse 2

Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A

Magic Mouse 2 には Magic Mouse Utilities をインストールする。こちらは千円程度だ。PayPal が使えるので、クレジットカードでも安心だ。

AppleK Pro for 10 64bit

まだ一ヶ月ほどしか使用していないが、特に問題は発生していない。

Magic Mouse 2 を Windows で使用すると、スクロール (マウスホイール相当の機能) が効かない。先代の Magic Mouse は、Boot Camp から取ってきたドライバで普通にスクロールできたけど、Magic Mouse 2 は先代用のドライバではスクロールできない。 それもこのソフトを入れると解決する、普通にスクロールできるようになる。

ただ、一点。スクロールの挙動がシビアすぎて人によっては大きなストレスだろう。おれはもう慣れたし、壊れやすいホイール付きのチープなマウスが家の中にあることの方がよほどストレスなので、そこは目をつぶっている。


Magic Keyboard と Magic Mouse 2 に替えてからは、本当に快適なことこの上ない。

  • バッテリー内蔵であることのすばらしさ
  • デザインの美しさ
  • 極限までコンパクト
  • 構造的に壊れやすいマウスホイールがない

など、利点はいろいろあるが、特にすばらしいと思ったのが内蔵になったバッテリーだ。単三電池からの開放がここまで快適だとは思いもよらなかった。いちいち電池取り出したり、入れたりする必要がない。寝る前に Lightning ケーブル指して充電して終わり、実に素晴らしい世界だ。バッテリー持ちもいいので、そもそもそんなに頻繁に充電する必要もないが。

欠点は価格だろうな、いくらなんでも高すぎる。この点は快適さを金で買ってると考えるしかない。ただ、おれはもうプラスチック全開のキーボードやマウスには二度と戻りたくない。

Magic Keyboard と Magic Mouse 2 を使っていると、本気でデザインされた製品は根本的に違う、そのことを再確認させられる。妥協と陳腐さをこねくり回して作ったような製品に関わるのはもうやめにしよう。