Nintendo Switch で使用できる USB Type-C ハブ

2018-07-26   game  gadget 

B07D9CH43V

Nintendo Switch をプロジェクターに接続するために、HDMI 出力付きの USB Type-C ハブを購入した。購入時の価格は 2,499円ほど。

Dock から HDMI ケーブルを引いてもいいけど、邪魔くさいしめんどくさいのでハブを使うことにした。

ケーブルで接続するタイプのハブは、プラプラして鬱陶しいので、本体に直挿しできるタイプの一択だ。

搭載しているポートも、

  • USB Type-C
  • USB 3.0
  • HDMI

の 3ポートのみと非常にシンプルですばらしい。これ以上端子があっても、ハブ本体がでかくなるし邪魔なだけだ。

早速試してみたけど、2018年7月26日現在の最新ファームで問題なく使用できた

最初、HDMI 出力に切り替わらなくて焦ったけど、あれって給電しながらじゃないと HDMI 出力はできないんだな。とりあえず余っていた『Anker 24W 2ポート充電器』とハブを USB Type-C ケーブルで接続。これで問題なく HDMI 出力を使用できた。

Anker 24W 2ポート USB急速充電器
B0156KQ7E6

給電用 USB Type-C ケーブルは、Switch に付属していたやつを使用した。

実際にハブを Switch 本体に接続するとこんな感じになる。

Image from Gyazo

コンパクトで実にすばらしい。

新し目の MacBook Pro にも使用できるので、ハブを検討している人にはおすすめ。ちなみにうちの MacBook Pro は古いやつなので使えない・・・。


余談だが、ロールカーテンスクリーンだとゲームをやるには役者不足だった。映画とかだとあまり気にならないけど、ゲームみたいな画面がスクロールするのがメインの映像だと、スクリーンのたわみの影響をモロに受ける。要するに、画面がゆがんでいるのがはっきりとわかってしまう。

これはちゃんとしたスクリーンを買わないとだめかな・・・。