判断基準フレームワーク

2015-12-30   #hack  #life 

ここ数年、生活の中でなにかを判断するときに、自分の中に確固たる基準があれば、よりよい結果を得られるのではないだろうか、という漠然とした目的意識みたいなものが常に頭の片隅にあった。

もちろんそんな堅苦しいものなんかなくても、人間なんだからそのときの気分で決めたらいいのかもしれないが、自分の性格上、基準はないよりあったほうが爽快に感じることが多々あった。

そういうわけでいろいろと試行錯誤した結果、最終的にたどり着いた判断基準が思いのほか生活を豊かにしてくれた

ここらで一度整理しておきたいので、ここにしたためることにした。あくまで自分のための、自分の人生のための判断基準でしかないことは明記しておく。

娯楽に関して

小説でもマンガでもアニメでもゲームでも、そういった娯楽作品を取り入れるか入れないか、買うか買わないか、続けるかやめるか。アニメなどでよく見かける「1話切り」などというものの、その基準となっているものはなんであろうか。

面白いか、面白くないか

おそらくほとんどの人はそう答えるだろうが、その「面白い」という判断基準は採用しなかった。「面白い」は、あまりにも漠然としていて非常にやっかいなのだ。

そこで「面白い」の定義自体を判断基準として採用することにした。自分にとっての「面白い」とはなにか? それ自体を判断基準として採用したということだ。

自分にとってのそれは、

心に残るか、残らないか

である。

心に残らないものを続けることは、ただの作業である。金にならない作業ならいますぐやめるべきだ。

この基準よって得られる最大メリットは、いわゆるソーシャルゲームなどといった変な脳内麻薬が分泌されるようなものから開放される点にあると思う。自分はこの基準によって、パズドラにハマらずに済んだ。

逆にもし「面白い」かそうでないかを判断基準としていたらどうだったであろうか。それが「面白い」を判断基準としなかった最大の理由である。もしかしたらパズドラ課金兵になっていた未来も十分ありえたのだ。

パズドラ課金兵各位は、それが本当に心に残ることなのかよく考えてみてほしい。さもなくば自分の子供に、「ぼくのおとうさんは、パズドラかきんへいです」みたいな作文発表される未来しかないことを、肝に銘じるべき。

「RPG の過剰なレベル上げ」とか、「パズドラの玉消し」とか、「テンプレラノベアニメの消化」とか、心に残らないことはやめた

完璧とは?

完璧なものなんて存在しない、とかそういうのはとりあえず抜きにして、自分にとって完璧なものとはどんなものであろうか。

  • 完璧な成果を上げたい。ではなにをもってその成果を完璧とするのか。
  • 完璧なものを選びたい。ではなになにをもってそのものを完璧とするのか。

このような場合に、自分が常に意識しているのは以下の 3点である。

  1. シンプルであるか?
  2. スピーディーであるか?
  3. スタイリッシュであるか?

これらの質問に対して No がひとつでもあれば、それは完璧とは言い難いものである。反対にこれらの質問に対してすべて Yes であれば、それはおおよそ完璧といっても問題はない。(さらにこれら 3つの基準の定義も必要になると思うが、それは長くなるので割愛)

これ、個人的にものすごく気に入ってる判断基準でもある。この判断基準を取り入れてから、仕事の成果物の品質が目に見えて上がった気がする。

ちなみに Google は、「シンプル・スピード・セキュリティ」だそうだ。


自分の中でこれらの基準は、ここ数年で最大の発明となった。なにしろあれこれと余計に悩む必要がまったくなくなったのだから。その時間と労力をもっと重要な事に回せるようになったということである。

あと全然関係ないけど、このブログのタイトルを「しゃー専用ブログ ーフェースブックでしゃーしてくださいー」にしようかと思ったけど、やめた。やめたけどしゃーはしてね (しゃーって Share のことね)。