SONY MDR-1ABT のイヤーパッドを交換した

2018-07-07   gadget 

Image

ここ一ヶ月ほど、家の中のいたるところに極小の黒いシートの破片みたいなのがぽつぽつと落ちているのがよく目についた。気になってはいたのだが、原因にまったく心当たりがなかったので、とりあえず犯人探しは保留していた。

Image

だが先週、ついにその原因が判明した。普段使用しているヘッドホンのイヤーパッドの一番薄い合皮の部分が、劣化して剥がれ落ちていたのだ。加えてワイヤレスヘッドホン (SONY MDR-1ABT/B) なので、家中を歩き回って使用していたために、被害が広範囲におよんでいたのだ。

よくよく見てみたら、たった 3年でここまで劣化するのかと思うほど劣化してた。ボロボロなのはそうなんだけど、そもそも厚みがぜんぜん違う。イヤーパッドがせんべい布団みたいになっていた。

さすがにこれはないなということで、ヘッドホン自体を買い換えることも検討したが、最近出費がかさんでいるのでもうちょっと使いたい。買い替えたとしても、実家に置き傘ならぬ置きヘッドホンしたいので、イヤーパッドはリフレッシュしておきたい。

交換用イヤーパッドを探してみたら、2千円弱で買える「イヤーパッド Sony MDR-1A, 1A-DAC, 1A-BT 等対応交換用 ヘッドホンパッド イヤークッション(ブラック)」がよさそうだったのでこれにした。純正品は無駄に高そうなのでそもそも調べてない。

取り付け方は、この動画のやつと同じだ。

交換用イヤーパッドに黄色い棒状のヘラが付いてくるが、これは別に使わない。イヤーパッドのマチ部分を、本体に枠に引っ掛けて装着する仕組みなので、普通に引っ張れば外せる。

取り付け方は結構コツがいる感じだった。イヤーパッドの内側に指を入れて押し広げながらマチをはめていくイメージ。最初はイライラしたけど、2個めはコツをつかんだのであっさりと装着できた。

ただこれ完全に設計の敗北だわ。純正品ならもっと楽に付けられるのかもしれないけど試してない。

イヤーパッドを交換したあとのヘッドホンは、着け心地もまったく問題ないし快適そのもの。非純正品だからどうということもないし、2千円弱でここまで快適さを取り戻せるのだからすばらしい。

同じく SONY MDR-1ABT を持ってる人は、同じくイヤーパッドがヘタってきてる時期だと思うので、交換をおすすめする。