金がかからないことは偉大だ

2016-03-16   #life 

高校のころの教師だったと思うが、

金がかからないことは偉大だ

みたいなことを話していたのをよく覚えている。

趣味や学問などといったものは、往々にして金がかかるものであるが、もしそれらを金をかけずに行えるのならそれは偉大なことである、といったような話だったと思う。

当時は金がかからないことなんてどうせろくなもんじゃない、と思ってまったく相手にしていなかった。だが、大人になって自分で金を稼ぐようになってわかったのは、やはり金がかからないことは偉大だといういことだ。

金がかかるということはつまり、

  • 物質的なリソースに大きく依存しているもの

であり、逆に金がかからないということは、

  • 物質的なリソースにほとんど依存しない

ということを意味しているのではないだろうか。要するにそれらはより思考的、精神的なものを指しているような気がする。

当の本人に本当にその意図があったかどうかは定かではないが、いずれにせよいまとなっては「金がかからないことは偉大」だと思う。